2010年09月16日

求める前に自分から…

こんなに仕事が好きで、休みなんか要らない!とまで言って毎日仕事に生きてきた私が、
13年前に姫を出産してからの丸一年は育児休暇をとって
育児と家事に専念していました。

やりたい事があるのに制限されて出来ない、
育児や家事に追われて自分の時間がない、
当たり前と思われている様でやりきれない、
睡眠不足に精神的な疲れも加わりフラフラ、
家の中で自分だけがしんどい想いをしている等、
私の頭の中は不満でパンパンでした。


そんな人、凄く多いみたいですね。

自分もそうだっただけに、育児ノイローゼのママさんに出会うと、
その旦那さん達にお節介津山さんが
「コラ〜っ!もっと奥さんの辛さをわかって協力してあげろや〜!」と言いたくなりますが、
まぁ流石にそういう訳にもいきません。


育児ノイローゼといっても、
育児が嫌で仕方ない、子供を可愛いと思えないというタイプのものと、
夫の非協力さが一番ネックになっているタイプとでは解決策が変わってきます。

私がよく出会うのは後者のタイプ。

何もかも奥さんに任せきりで疲れさせているなぁ…と心当たりのある世の男性方、
外でお仕事を頑張るのはとても大切な事です。
お給料こそ出ませんが、女性が家庭を守る事も、それはそれは大変な事です。
残業残業で働き詰めの奥さんに、感謝を忘れないで下さ〜い。

そして悩める奥様方、不満ばかりがクローズアップされてしまいがちですが、
自身の苦労は一旦置いといて…
家族を守るためにお仕事を頑張ってくれている旦那様に、
改めて「いつもありがとう」の言葉を。


労って欲しかった当時の私は、不満ばかりで相手を労う事なんてすっかり忘れていました。
これでは家庭の雰囲気は険悪になり、尚更幸せな時間は過ごせませんよね。

「男はいいよね。仕事だけしてきたらいいんだもん。帰ったら夕飯が出来ていて、一人ゆっくりお風呂に入って眠くなれば眠る。夜泣きする子供をあやして寝不足になる事もない。こっちはいつになったら体も心も休まるのか、気が遠くなるわ。」
頭の中をグルグルと巡るこんな想い
→不満に歪む表情
→マイナスエネルギーが充満する居心地の悪い空間
→夫の理想の家庭像からも遠のき優しい気持ちが湧かない
→不機嫌な夫に益々腹が立ち、泣く子供に八つ当たり
→八つ当たりするな!と夫
→私の気持ちもわからずに!と妻が発狂
→互いが感情的なのでわかって貰えず不満を持ち越す

ありがちなパターンです。

確かに夫に対して「不公平だ!」とデモを起こしたくなる程、
家庭を守るって大変だけど、
旦那様が稼いできてくれる事への感謝の気持ちを、自分の大変さと相殺しては、夫婦関係も上手くいきません。

意識の向け方を変えるという事に初めてチャレンジする時は
ちょっと悔しいだろうけど、まずは自分から感謝の気持ちを思い出してみて!

その気持ちがちゃんと伝わるように
言葉や表情や声でちゃんと表現出来れば、
相手はあなたと子供の為に頑張ってきて良かった!と幸せを感じられるはず。

夫婦の絆が深まれば、今までより少しはゆとりも生まれると思います。
旦那様の非協力さがネックになっているタイプの育児ノイローゼのママさんは、
まず旦那様への感謝の気持ちを伝える。
喧嘩中じゃない時に穏やかな気持ちで、「お疲れの所悪いけど、これをお願いしていいかな…。」と謙虚に関わる努力をしてみる。

いつも怒った顔で、「アンタも手伝うの当たり前やろ!」と爆発する傾向にあるママさん、
その伝え方を繰り返してもこれまで解決しなかったのだから、
自分のパターンを変える努力は必要です。

そして勿論、子供と向き合う時の自分の乱れやすい感情をコントロールする為に、また別の努力も必要です。

それぞれの夫婦がこれまで積み上げてきたものや、それぞれの性質や表現の仕方にもよるので、
これだけで必ず関係が激変するという事は言い切れませんが、夫婦関係に限らず、
【相手に求める前に、自分から感謝する】という事は生きる基本といっても過言ではない大切な心掛けだと私は思っています。

人と過去を変える事は出来ないけれど
自分自身と未来は変えられる。

変えられない物への執着を捨てて、
自分の成長をイメージして今よりハッピーな未来に向けて、
今日から(今までよりもっと心を込めて)感謝の気持ちを相手に伝える事から始めてみたら、
その気持ちに比例してどんどんハッピーがついてくると信じている私です。
posted by satomi at 11:57| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント

『相手に求める前に
自分から感謝する』

確かにこれ大事だと思います。
頭ではわかってても
なかなか口に出して相手に伝えにくいもので…

それは照れくささであったり変な意地であったり。

私も思えば若い時は相手に求めるものが多すぎて感謝の気持ちはどこかに置き忘れてたような…

年と共に少しずつわかりかけてはいるものの、なかなか口に出して言えないものですよね〜

でも未来の自分を明るく今よりハッピーにする為に自分から働きかけなきゃですね!!
Posted by アイルー at 2010年09月17日 00:43
素敵なことですね、「相手に求める前に、自分から感謝する」ってこと、心掛けます。
Posted by オガ at 2010年09月17日 03:22
理美ちゃんにも昔はそんな時期があったんですね。
理美ちゃんがいかに自分を見つめて成長してきたのかがよくわかります。

不満だらけの相手に自分から先に歩みよるってどうも損したような気分だけど、ほんとですね、相手の幸せなんて忘れていました。
自分勝手なのは相手だけじゃなかった。
よし、今日から心がけます。
Posted by よしむね at 2010年09月17日 10:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。