2009年12月08日

ストーカー!? 後編

もしもまだ一つ前のブログを読まれていない方は
まずそちらから読んで下さいませ。
そして…続きが気になっていた皆さん、お待たせしてすいませんでした。


恐怖におののく私と姫が待つ館に
急いで帰ってきたうちの旦那サマは私のお願い通り、
ひとまず車を家から少し離れた場所に止め、
ストーカーが潜むテラスへと歩きました。

テラスがあるのはウッド調の塀で囲われた庭の一画。

塀の外からは夜は暗くてテラス周辺が見えにくいんです。
そこで、門扉を開けてテラスに近付く事にした旦那様。
門扉を開けてすぐ左手には鉢植えを飾る3段の棚があるんですが、
いつもあるそれを、ストーカーがしゃがみこんでいる様に勘違いして
彼も実はピクっとしてしまったそうです。

携帯電話の超明るいライトをテラスに向けてみた所、
ストーカーはもう姿を消していたそうです。


部屋の中では私と姫が、
パパからのカエルコールがあってから少ししてからあの音が止まった…
って事はやはり女だけの時間帯を狙っていたという事だ!
やはり気持ち悪い!とビビり続けています。

うちの旦那サマがが帰ってくると知って逃げたのか?
なら明日以降もこんな想いをしなきゃいけないって事?

嫌だよ〜!

母子共激しい妄想に襲われている中、
旦那サマがリビングに入ってきました。

「犯人が誰なのか、わかるかも。」

そう言いながら窓に近付き、ライトを向けると何と…犯人が!
眠っているのか?
動きを止めて窓ガラスと網戸の隙間に静かにたたずんでいるではありませんか。

「何コレ〜っ」
「うわぁ…あっ、でも、ほらね、
風の音みたいに気のせいだった訳じゃないのはわかるでしょ?」

津山理美、弁解モード突入。


犯人はコウモリだったんです。
窓ガラスと網戸の間に挟まって
抜けられずに暴れていた音だったようです。

網戸を揺すってみましたがピクリともしないので、
私達が気付かぬ内に出ていきやすい様に
網戸を、窓ガラスとのスペースが広くなる方向に(入ってきた時の位置まで)移動させておきました。

きっとお洗濯物を取り入れる際、網戸にコウモリが止まっているのを知らずに
網戸を左から右にスライドさせてしまって
私がコウモリを閉じ込めてしまったんだろうな。

しかし怖かった。
むやみに窓を開けなくて良かった。
危うくリビングにコウモリを招いてしまう所でしたから。

ちなみに、引っ越す前のお家では私ったら、
開けていた窓際にコウモリがぶら下がっていた事に気付かず、
思い切り窓を閉めてコウモリを挟んで
「キィ〜っ」と鳴かせた事がありました。

前に住んでいたお家では何度もコウモリに出くわしていたんですが、
まさか新居でもこんな事になるなんて…。

はは〜ん。
なるほどな〜っ。
そういう事だったのか。

なるほどな、
なるほどな、
なるほどなるほどなるほどな〜っ。

前の家から私をつけまわしてきたんだな。

やっぱりストーカーやないかいっ★
posted by satomi at 10:26| Comment(5) | 日記
この記事へのコメント
うちには かわいい ヤモリ がいますが、コウモリ はいません!

理美ちゃんは魅力的だから、ほんとストーカーに気ぃつけんとね!
Posted by ナチュラル at 2009年12月08日 17:10
ヘンなおじさんじゃなくてよかったですねダッシュ(走り出すさま) それにしてもコウモリが近くに生息してるんですね。私がコウモリで思いだすのは、アニメの「黄金バット」です。懐かしいです。昭和45年くらいのアニメだったよーな…!?。そのコウモリは、もしかして理美ちゃん家の「守神」かも知れませんねぇ〜???
Posted by ヤッターマン at 2009年12月08日 21:11
いや〜放送でストーカーなんて言うからびっくりですがな〜汗 それにしても、 おノロケばなしで良かったかも!笑
Posted by ジャスティス at 2009年12月08日 23:33
久々におじゃましたら「ストーカー」って・・・びっくりしましたよ〜
私のほうは「オールドタイム」発見!!
前に探していたところとは大きく違ってました(汗)
こんなにわかりやすいところにあったとは・・・
HPで確認したのですが・・・何故!?
ライブのお知らせ楽しみに待ってます!
Posted by よっとこどっこい at 2009年12月11日 18:48
久しぶり〜 なんか様子が違うね〜何?最近のコメント数ぴかぴか(新しい)増えて よかったやん 犯人はドラキュラだったんやね〜じゃあ…窓には ニンニクと十字架を吊しておけば予防になるかもね(笑)…もっと書きたいけど…他の人並に これくらにします(-_-;)
Posted by レモン月夜 at 2009年12月11日 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: