2009年12月03日

ストーカー!?

昨日の夕方、姫と2人でリビングで寛いでいたら、
テラスの方から掃き出し窓のガラスを
指を3本ぐらい使ってトントントントンと叩く音が聞こえたんです。
爪先がガラスに当たるくらいの小さめの音でした。

何だろう…。
気のせいかな。

姫とそう言いながらたいして気にもとめずにテレビを見ていたら再びその音が。

トントン
トントントントン

何?

振り返るとしばらく静かになるのに
やっぱり気のせいだな…とテレビの方を向くとまた

トントントントン

ランダムなリズムで何度も何度も。

風で何かが揺れて窓に当たるにしてはリズムが早く、
猫か何かがいたとしても、こんなにじっと同じ場所を叩くとも考えられず、
やはりリズムも猫には有り得ないもので。

私と姫は『誰かがテラスに居る』と確信し、
恐怖におののき始めたのでした。

外を見ようと窓に近付いたんですが、
日も暮れて外は暗く、家の中の方が明るいので
窓を開けないと外が見えないんです。

テラスには、庭の門扉を開けなきゃ入れないはず。

そこまでして侵入してきて、音をたてて私達に気付かせる意図がわからない。

暗くて見えないからと言って窓を開けると
音の主が家に押し入ってくるんじゃないか。
金目当てか?
それとも乱暴目的か?

覗いて脅かすのが趣味な奴なのか?
テレビなんか見ずにこっちを向け!ってトントン鳴らして
変なオッサンが下半身を露出しているかもしれない。

とりあえず私達自意識過剰親子はそいつを
ストーカーと名付けた。


出窓のカーテンも閉めて、
2人で身を寄せ合い、
その音が鳴る度にギュッと抱き合って、
声を殺してどうするかを考えて過ごした一時間。

パパ…早く帰ってきて〜。

そこへようやく、【亭主関白】ならぬ
【亭主ワンパク】でお馴染み
我が家の大黒柱からのカエルコール。

「誰かがテラスに居るのよ。
いたずらに音をたてて、私達に気付かせたいみたい。
帰ってきた車に気付いて逃げるかもしれないから、
車を家から少し離れた所に止めて
そっとテラスを見て〜!」
タダごとではなさそうな私の様子に、
きっと何かの間違いだろ?という想いも抱きながら
急いで帰ってきてくれた男小林潤。

結末は…
次回につづく!
しばしお待ちを〜。
posted by satomi at 12:36| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
先に謝っときます(笑)
って
違いますよ〜〜〜!

少しはやいサンタさん違うの?理美ちゃん☆
Posted by すー at 2009年12月03日 19:03
続きを早くおしえてぇ〜!

私が思うには、
テラスにある何かが 
風でガラスにあたって 
トントントン だったのでは?
ないかな?
Posted by ナチュラル at 2009年12月03日 20:22
気になります。
早く続編をお願いします。
本当に怪しい人だったんでしょうか。
Posted by よしむね at 2009年12月04日 15:40
理美ちゃん、イイところで…続くですかぁ!? これは、でも理美ちゃーんのコトやから何かオチがあるんでしょうね??
Posted by ヤッターマン at 2009年12月06日 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: