2008年02月10日

あかはなま

理美のサタデーアネックス、
夕べのゲストは「あなはなま」の皆さんでした。

リーダーで、ピアノ&ボーカル担当の大畑郁さん
監督でサウンドメーカーでもあるギターの江川和希さん
あかはなまのリズムメーカーはベース担当の辻本啓二さん
ムードメーカーでもあり、ドラム担当は中川裕子ちゃん
あかはなまはこの四人で編成されている。

かつてはフォークユニット活動をされていた大畑さんは、ジャニスジョップリンの歌に痺れた二十歳の頃からロックにのめる。
その後、一緒に五人編成のロックバンドで活動をしていた江川さんに誘われ、ギタリストの石田長生のライヴに出掛け、彼の「歌」に感動。
私も彼の様に自分の言葉で歌いたい!!
そんな想いに掻き立てられた大畑さんは、
ピアノでの曲作りを始めた。
そしてその大畑さんの楽曲を演奏するのが結成四年目に突入した「あかはなま」。

ベースの辻本さんはこの季節にも関わらず、
小麦色?いや真っ黒。
サーファーらしい。
好きな音楽を聴いてみると、ヒップホップとか…という答えにメンバー騒然。
更に「学生時代ラグビー部だった」との細身の辻本さんの発言に
「タックルされたら吹っ飛ばされへん?」と大畑さん。

あかはなまは断然女性がパワフル。
男性方は物静かなんだけど、
それは主張性がないって訳じゃなく
包容力のある大人って感じかな。
いつも練習の時からこんな雰囲気で
和気藹々と楽しくやってるんだろうな〜。

ドラムの裕子ちゃんと私は15年以上前からの知り合い。
ゆっくり話すのは久々だったんだけど、
相変わらずのマブい笑顔と明るい声に元気を貰えた。
ドラムを始めてまだ間もない頃、
アレサフランクリンのLove the one you're withを叩くのが
どうしても上手くいかずに悩んだ彼女は
ブルーノートまでバーナードパーディーのライヴを観に通ったらしい。
しかも三日連続最前列。
それがきっかけで今では彼女、
何とバーナードパーディーとお友達なんだって。

あかはなまのファーストアルバム中に収録されている
楽園という曲にツリーチャイムの音色が聴こえた。
実はほんの一部分、ドラムを録り直すべきかどうか裕子ちゃんの中で微妙だった箇所に
ツリーチャイムを被せてみようと提案したのがギターの江川さん。
流石監督!

2月16日、オールドタイムにてあかはなまのライヴが開催されます。
今回はブルースタジオの都合で
アコースティックバージョンでお願いしましたが、
是非今度は迫力満点の生ライヴもお楽しみ下さいね。
posted by satomi at 20:48| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
理美さ〜ん!先日はお世話になりましたぁ!!
とってもとっても楽しませていただきましたです。
また機会があれば お邪魔させてくださいネ!

ウチの男性方も喋れるってことが判明しましたので
今後はもっとトークの立つオトコ達に鍛えておきます。

またそのうち 生あかはなま見に来てくださ〜い

ではでは〜
Posted by あかはなま 郁 at 2008年02月16日 01:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: